もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。3巻ネタバレ感想、ベッドに縛られ抵抗できない雷土さんが…

Pocket

まちまちです!

もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。3巻の感想とネタバレをしていきます♪

 

もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。3巻ネタバレ

犯人グループに捕らえられてしまいました麻薬の女性捜査官の雷土『いかづち』さん、

犯人達はベッドに縛られまったく抵抗できない状態の雷土さんを触り始めます。

『さぁて、どんな乳首してんのかな~』

シャツのボタンをはずされて、胸が丸出しにされる雷土さん。

嫌がる声とはうらはらに、犯人達の指が肌をなぞる感覚だけですでに体が汗ばんでいくのです。

媚薬を盛られた雷土さんは、カラダが敏感となってました。

触れる指の感覚にも敏感になってしまいます。

『ぁぁ!』

雷土さんの反応を楽しみながら、乳首をつまみ上げる男性たち。

雷土さんが身をよじると、あちこちから男性達が全身を触り始める。

両サイドの乳首を別々の男性に吸われ、身体を仰け反らせる雷土さん。

『ぁぁぁ―――っ!!』

やがて、男性たちの手は身体にしたの方ををまさぐります。

なるべく触られないように足を閉じたりいろいろと抵抗しますが、男性達は関係なく指を下半身へと進めていきます。

もうすでにびしょびしょに濡れている雷土さんのアソコ。

『媚薬の…せいっ媚薬のせいで、、!』

凄い薬の効果に唇をかむ雷土さん。

両足を固く閉じてわずかばかりの抵抗をするのですが、下着を取られてしまいます。

『こっちもピンクに…』

『うわぁ~ヒクついて…えろいな』

雷土さんは聞こえてくる男性達の言葉に目閉じます!

『すごく美味そうだな~』

犯人の1人が雷土さんのアソコに顔を近づけると、一気にすすりはじめましたのです…

ここから先は本編を確認してください!

 

もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。3巻感想

犯されている時も、野間君との行為を思い返してしまうくらい、彼の事を想い始めている雷土さん。

遂に身体を重ねる事が出来た2人なのですが、雷土さんは野間君との今の関係を壊さないようにと誓ったのです。

これから先、2人の関係がどう変わっていくのか、次回が気になります♪

 

 

もっと喘いで! 潜入捜査官はセックスもお仕事です。3巻読む方法

私は、まんが王国で漫画読んでます!
今まんが王国に登録すると半額クーポンがゲットできるので180ポイントで読めるのが
90ポイント『90円』で読む事ができます。

もっと喘いでを読むのはこちら>>>

SNSでもご購読できます。

Scroll Up